ファクタリングを即日で

ファクタリングを即日で-急ぎの資金調達を解決する秘訣をご紹介しています

factoringQ&A

ファクタリングと銀行からの借り入れの違いは?

投稿日:

銀行

 

資金調達や資金繰りを考える上で真っ先に思い浮かぶのが、銀行や金融機関からの借り入れですよね。銀行からの融資とファクタリングの違いを、ここではもう少し詳しくご説明したいと思います。

 

銀行の融資や借り入れの仕組みと手続き

 

銀行に借り入れをお願いする場合は、当然ながら返済能力の有無をしっかり審査されることになります。融資金額にもよりますが、多くの場合時間をかけて審査され何度か銀行に足を運ぶことも必要になってきます。銀行が融資を受け入れるかどうかは主に下記の点をチェックすると言われています。

 

基本的なチェックポイントは以下のようになります。

 

事業内容

業種、業態、取引先、事業年数、従業員数など。事業年数が長ければ長いほど信用度は上がり、過去に銀行と取引した実績なども加味されます。今後成長が見込める業種や業態なのかなどもチェックされます。

 

決算報告書

貸借対照表(B/S)、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの事業の経営状態を細かくチェックされます。また税務申告書なども同じくチェックされますし、直近の3期分の決算書を用意するように求められることが多いと言えます。

 

社長の信用情報

税金を滞納していないか、他社や他行からの借り入れがないかなどチェックされます。銀行の融資は担保や保証人が必要になってきますが、ビジネスローンはそれらが必要ありません。しかし社長自らが連帯保証人になるため社長の信用情報は重点的に見られることになります。

 

銀行の審査

このような審査を経て融資が決まった場合は、毎月の返済計画に基づいて融資先に金利を上乗せした分を地道に返済していくことになります。

 

ファクタリングと銀行融資の違いは?

 

上記のように銀行の融資は返済能力の有無の判断をするために、審査にとても時間を要するという特徴があります。なぜなら、銀行からの借り入れは長期に渡っての返済が基本だからです。向こう3年や5年、またそれ以上の期間に渡り金利分を上乗せして返済していかなければなりません。ですから長期間あなたの会社が返済をしっかりしてくれるかどうか、あなたの会社の経営状態や業界全体の今後の見通しなど、多岐に渡ってチェックしそして融資の可否が決定されます。

銀行融資は長期に渡っての返済のため、審査に時間を要する

 

では、ファクタリングの場合はどうでしょうか?

 

ファクタリングは繰り返しますが、売掛金を買い取るサービスです。融資や借り入れではないため、返済責任は発生しません。ファクタリング会社が買い取った売掛金は、取引先が期日までに支払えばそこですべての取引は終了いたします。つまりファクタリング会社からすると、用意したお金を回収するスパンが非常に短いというのが強みな訳です。

銀行は何年にも渡って時間をかけて貸したお金を回収していきます。ファクタリング会社は買い取った売掛金を早ければ翌月にでも回収することができます。その大きな違いが存在します。

 

銀行とファクタリングの比較

 

回収期間が早いということは、それほど厳しい審査をしなくても大丈夫ということにもなってくる訳です。ポイントはあなたの会社ではなく、売掛先の取引先の信用度であり、売掛金の信頼性が注意してチェックされます。そこがクリアされれば、あなたの会社が赤字決済であったとしても、税金の滞納があったとしても、たとえ業界が斜陽産業であったとしても、さして大きな問題ではないのです。

なぜなら資金の回収はすぐにできるからです。銀行と違って長期に渡っての取引ではないため、チェックすべき部分が非常に少ないと言えるのです。

銀行の融資や借り入れとファクタリングの大きな違いは、まさにこれと言えますね。

 

銀行は審査が厳しく、ファクタリングは審査がカンタン

 

このような特徴や違いがあるため、即日で資金を用意したい、今すぐにキャッシュが必要といった緊急の場合は断然ファクタリングのほうが便利であり有効であると言えます。

 

ファクタリングを即日で TOPページへ

-factoringQ&A

Copyright© ファクタリングを即日で , 2018 All Rights Reserved.