ファクタリングを即日で

ファクタリングを即日で-急ぎの資金調達を解決する秘訣をご紹介しています

 

急な支払いが...でもキャッシュが足りない

もう時間がない...すぐに現金を用意しなければ

入金はまだ先...ファクタリングを即日で利用したい

 

会社経営をしていく上で、時々ピンチになることがありますよね。取引先の業務悪化で売り上げが減った。急な支払いが必要になったが手元にお金がない。入金が遅れるとの連絡があり、社員の給料を支払えない。などなど。

 

経営において現金は血液とよく言われますが、それでもやむを得ない状況でどうしてもキャッシュが足りない時はありますよね。

 

悩める社長

 

急いでいる、もう時間がない、すぐにお金を調達しなければいけない。そんな切羽詰まった時に頼りになる資金調達のやり方が即日でのファクタリングという方法です。

 

銀行や金融機関に頼らない資金調達として今話題のファクタリング。その仕組みを分かりやすくご説明いたします。そしてもう時間がないという方にうってつけの

 

ファクタリングを即日で利用するための秘訣

 

についてもご紹介いたします。

 

なぜファクタリング会社は即日でも資金を用意してくれるのか?

即日で現金を手にするために事前に準備しておくことは?

即日ファクタリングに応えてくれる評判の良いファクタリング会社は?

 

このサイトでは以上の疑問にきちんとお答えいたします。

 

もしあなたが......医療・介護事業を経営しているならば、ファクタリングによる資金調達はよりスムーズに行なうことができます。

医療・介護専門のおすすめファクタリング会社

Hファクター

 

当factoringnow.netが、早急に事業資金を必要とされている全国の社長さん経営者様のお役に立てることを願っています。

 

 

即日ファクタリングの利用は可能ですか?

ファクタリングの疑問

 

この質問にストレートに答えるなら、ファクタリングの即日利用は条件が満たされれば、可能だと言えます。

実は、とにかくすぐにキャッシュが必要という、急ぎや即日での資金調達とファクタリングの相性は非常に良いんです。

 

急ぎの資金調達とファクタリングの相性は良い!

 

どうしても急ぎでキャッシュが必要という場合に、銀行に掛け合っても審査に時間がかかり当然即日で資金を融資してくれるという訳にはいきませんよね。即日でお金を用意してくれる代表的なところは消費者金融かもしれませんが、そこからは借りたくはない。。。

でも、ファクタリング会社を利用するなら、即日資金調達が可能なんです。ファクタリング会社によっては即日入金をすることをウリにしているところもあるくらいです。

ではなぜ、ファクタリング会社は即日に資金を用意してくれるのでしょうか?その理由や根拠を早速みていきましょう。

 

ファクタリングの仕組みは即現金化

納得ファクタリング

 

ファクタリング会社が即日でお金を調達できる理由は、そもそものファクタリングという仕組みによるところが大きいと言えます。そう、ファクタリングの仕組みそのものが、素早い資金調達に向いているということなんです。

ここで少し簡単にファクタリングの仕組みをおさらいしてみましょう。

 

ファクタリングは融資ではなく、売掛金の買取である

 

まずこれは基本中の基本の考え方ですので、しっかり理解しておきたいところです。ファクタリングは融資ではなく、売掛金を債権として買い取るサービスであるということです。

売掛金は下記の図にありますが、あなたの会社がたとえば取引先Aに商品を納品した時に発生するものです。そして多くの場合、実際に売掛金が入金されるまでにはタイムラグがありますよね。

 

売掛金の説明図

 

 

納品したのに入金がまだ先という、この時間差が時にキツイ訳ですよね。急な支払いの必要などが生じた時に、入金はまだ先だけど今すぐキャッシュが必要という状況になります。

そこでファクタリングというサービスが活きてくる訳です。

ファクタリング会社が、入金がまだ先の売掛金を債権として買い取ることで、即現金化してくれます。これがファクタリングの仕組みです。

つまり、ファクタリングの仕組みそのものが、即現金化をするために考え出されたものなので、素早い資金調達に大変向いているということなのです。

 

ファクタリングと銀行融資との違いは?

銀行とファクタリングの比較

 

銀行からの融資という形の資金調達と、ファクタリング会社による資金調達は全く別物と言えます。

銀行などの金融機関は、保証人や担保を用意することによって事業資金を融資してくれるところです。つまり簡単に言うと銀行からお金を借りるのが融資ですよね。

また手形割引も、その手形を担保にしてお金を借りている訳ですから、基本的には考え方は同じと言えます。

 

一方、ファクタリングはファクタリング会社からお金を借りている訳ではありません。売掛金という、まだ入金はされていないもののすでにある売上を買い取ってもらい、即現金化してくれるサービスなんです。

 

銀行の融資や手形割引はお金を借りる

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらう

 

すぐに現金を用意してもらえるという意味では同じですが、中身が全く違いますよね。

 

ファクタリング会社が即日で現金を用意してくれる理由

入金された

 

ではもう少し詳しく、なぜファクタリング会社が即日で資金を用意してくれるのか、そのからくりをご説明します。

実はこれ、銀行からの借り入れと比較するとその理由がよく分かります。

 

銀行などの金融機関からの融資ですと、毎月の返済計画を立てて、これから長期に渡って取引をしていくのが一般的です。きちんとお金を毎月返してもらえるのかどうか、そこをしっかり審査されます。事業の状況や経営状態、赤字決済などではないかなど、かなり細かく審査されます。

 

銀行は長期間でお金を回収

 

このように銀行からの借り入れは、たとえば今後3年、5年と続く返済がきちんとなされていくかどうかをしっかりと審査される訳です。長期に渡る取引が可能な会社かどうかがチェックされる大きなポイントです。

 

一方ファクタリング会社はどうでしょうか?

あなたの会社から買い取った売掛金は、売掛先の会社から期日の入金日に入金されたら、あなたはそれをファクタリング会社に送金することになります。そこでファクタリング会社との取引は終了となります。

その入金日が仮に1か月後だとしたら、ファクタリング会社は1か月後に資金を回収できますから、取引としては非常に短期間のものになります。

 

ファクタリング会社は短期間でお金を回収

 

ここが大きなポイントです。

 

銀行は何年間もの長期に渡って少しずつお金を回収していきます。

一方ファクタリング会社は短期間で回収することができます。

 

ですから、ファクタリング会社はその

 

売掛金の信頼性(すぐに回収できるかどうか)をチェックできれば、すぐにお金を用意

 

してくれる訳です。

 

逆に銀行は、長期に渡って回収していかなければいけないため、あなたの会社が長期に渡って事業を続けられるか、きちんと安定した経営を続けられるかなど、色々な審査項目があるため審査に時間がかかり、素早い資金調達には不向きだと言えます。

 

銀行は長期に渡って資金を回収する

ファクタリング会社はすぐに回収できる

 

ファクタリング会社はすぐに調達した資金を回収でき、なおかつ銀行よりも高い手数料で儲けることができる。

 

これが、ファクタリング会社がリスクがあっても即日で資金を調達してくれる理由なのです。

 

もしあなたが......医療・介護事業を経営しているならば、ファクタリングによる資金調達はよりスムーズに行なうことができます。

医療・介護専門のおすすめファクタリング会社

Hファクター

 

 

即日で資金調達するための5つの秘訣

ファクタリングgood

 

今すぐにキャッシュが必要な時に、ファクタリングサービスを活用することでピンチを脱出することが可能になります。

ではファクタリングサービスをスムーズに利用するため、そしてその日の内の資金調達をするための5つの秘訣について、次にご紹介いたします。

 

早い時間での申し込み

 

その日のうちに現金を手に入れるためには、できるだけ早い時間に審査申し込みをすることが必須です。なぜなら単純な話ですが、買取金は銀行振り込みでなされますが銀行の振り込み時間が15時までだからです。

15時ギリギリに審査申し込みをしてもその日のうちの入金は難しいですので、申し込みはできるだけ早い時間に済ませておきましょう。午前中に申し込みを、もしできるなら前日の夜にネット経由で申し込みを済ませておくと、ファクタリング会社も朝一で連絡をくれる可能性が高いと言えます。

たとえばファクタリング会社のサイトでは、下記のように申し込みをするフォームが用意されていますので、ここに漏れなく入力し審査申し込みをしましょう。午前中の早い時間が前日の夜に済ませておくのが秘訣です。

 

入力フォーム

 

 

必要書類を揃えておく

必要書類

 

銀行の融資などよりも審査は厳しくないとはいえ、ファクタリング会社もあなたの会社の状況を知ることができなければ審査は進めません。ファクタリング会社によって必要な書類も若干違いがありますが、下記の書類を準備しておくと間違いないでしょう。

 

 

法人会社謄本

身分証明書
(運転免許証やパスポートなど)

決算書
(直近2期から3期分。税務申告済みの捺印付)

取引先との基本契約書
(存在しないなら双方のメールなどの約束文でもOK)

取引証明資料
(納品書や請求書など、売掛金が発生している証拠書類)

入出金の通帳
(売掛先の会社との過去の入出金のやりとり)

納税証明書
(滞納中ならばそれの書類)

 

 

上記の書類のコピーを用意しておき、すぐに送付またはFAXできるようにしておきましょう。またはメールで添付するためにPDF化しておくなら、さらにスムーズに審査してもらいやすくなります。

 

 

優良な売掛先を選ぶ

優良な取引先

 

どの売掛金を買い取ってもらうかを自分で判断することになりますが、優良な売掛先を選ぶことはとても大切です。もちろん用意したい金額に見合った売掛金(複数口でも大丈夫です)が必要ですが、以下のポイントを踏まえて選ぶことが重要になります。

 

過去の取引実績がある

新規の取引先はの売掛金を買い取ってもらおうとすると、支払い実績がないため審査に通らない可能性が高くなります。過去何年にもわたって円満に取引してきた会社を選びましょう。

入金遅れがない会社

過去の取引の中で売掛金の支払いや入金に遅れがない会社かどうかも、チェックされる大きなポイントです。支払い期日をしっかり守ってくれる信頼できる会社を選びましょう。

不良債権ではない

すでに売掛金の入金日が過ぎているのに支払いがない、そういういわば不良債権を持ち込まないようにしましょう。売掛先との約束ができていて、いついつまでに支払うといったことになっていたとしても、その売掛先の会社の信用や信頼を通常よりも審査するのに時間がかかってしまいます。ですから、素早い資金調達をしたいならば不良債権を持ち込むのは避けたいところです。

 

このようにその日の内にファクタリングによる資金調達を可能にするには、その売掛金の売掛先の会社の信頼性が重要なポイントになります。

 

売掛先の会社の信頼性のあるなしがポイント

 

なぜなら繰り返しになりますが、ファクタリングは売掛金を買い取るサービスだからです。もし買い取った売掛金が支払われる前に売掛先が倒産したとしても、ファクタリング会社はあなたの会社にそれを請求することはできません。なぜなら多くのファクタリング会社は償還請求権無しで、あなたの会社から売掛金を買い取るからです。

※償還請求権無しとは?
売掛金を債権としてファクタリング会社に買い取ってもらった後に、たとえば売掛先の会社が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できなかったとしても、あなたの会社にはそのお金は請求されないという意味です。一方銀行やノンバンク系のファクタリングでは、償還請求権有りとされている場合が多く、これは取引先が倒産した場合は、あなたの会社に請求がくることを意味します。ファクタリング専門の会社は償還請求権無しで契約しているところがほとんどです。

 

 

大口(高額)の依頼を避けること

 

数十万円から数百万円の申し込みではなく、数千万円といった高額の申し込みになると審査も通りにくくなり即での調達は難しいかもしれません。仮に売掛先が一口で数千万円となるとまだ見込みはありますが、複数の売掛金、売掛先で合わせて数千万円の申し込みとなると、実情は厳しいと言えます。

なせなら複数だとそれだけ審査に時間がかかるからです。もし5つの取引先の売掛金を合わせて申し込みしたならば、普通に考えて審査に5倍の時間がかかることになってしまいます。それだけの時間がかかってしまうとその日の内の入金という訳にはいかなくなってしまいます。

それで依頼金額を抑えるか、金額が高くなっても一口で依頼するかといったことが、買取ってもらうための秘訣になってきます。

 

2社間ファクタリングを利用する

 

ファクタリング契約には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類のやり方があります。

2社間ファクタリングというのは、あなたの会社とファクタリング会社の2社による契約です。売掛先の会社には連絡がいくことはなく、自分の売掛金が債権として買い取られたという事実を知ることはありません。

2社間ファクタリングを図で示すと以下のようになります。

2社間ファクタリングの図

 

一方3社間ファクタリングは、あなたの会社とファクタリング会社と売掛先の会社の3社による契約が必要になります。売掛先の会社に連絡を入れて、売掛金を債権として買い取ることの承諾を得なければなりません。もし承諾が得られなければファクタリングによる資金調達はできなくなります。

3社間ファクタリングを図で示すと以下のようになります。

3社間ファクタリングの図

 

2社間ファクタリングはあなたの会社とファクタリング会社の間での契約ですから、審査が通ればすぐに資金を調達することができるため、早い入金を希望するなら基本的に2社間ファクタリングで行なう必要があります。

デメリットは3社間ファクタリングに比べて手数料が少し高目です。大体売掛金額の10%~30%と考えられます。(ファクタリング会社によって違いがあります)その代わりメリットとしては、時間がかからない。素早い資金調達ができるという点です。

 

3社間ファクタリングは手数料が安目で、売掛金額の1%~5%となっています。安い手数料は魅力ですが、取引先の承諾を得なければいけないなど契約までに時間がかかるので、その日の内の資金調達は難しくなってしまいます。

 

即でのファクタリングを成功させるためには、2社間ファクタリングを利用することが秘訣となります。

 

 

さて、ここまででその日の内にファクタリングを活用して資金調達するための秘訣とその仕組みについてお話してきました。

ここでまとめてみましょう

 

ファクタリング会社はなぜその日の内に資金を用意してくれるの?

ファクタリングの仕組みそのものが即現金化のために考えられたものだから

ファクタリング会社も売掛金をすぐに回収できるから

 

その日の内にファクタリングを成功させるためには?

・申し込みを早めにする

・必要書類を用意しておく

・優良な売掛先を選ぶ

・大口の依頼を避ける

・2社間ファクタリングを利用する

 

 

以上のようになります。

こういった理由や根拠により、依頼したその日の内にファクタリングによる資金調達が可能なんです。上記の5つの秘訣をしっかり守りましょう。

 

即日ファクタリングで乗り切った社長の話

 

 梅津社長 大阪府でクリーニング店を営んでいる梅津 豊さん(52歳)120万円の即日ファクタリングを利用。

 

現在のご職業は?

うちはクリーニング屋です。個人のお客様だけでなく、飲食店や工場の制服のクリーニングをしています。それほど繁盛しているという訳ではありませんが、取引先にも恵まれて父親の代から含めて40年ほど地域密着型でやらせてもらっています。

ファクタリングを利用したいきさつは?

はい。クリーニングに使っている機械が故障して、その部品の取り換えやメンテナンス費用が急に必要になりました。すぐに修理しないとお客さまに迷惑がかかりますんで、急いでやってもらったら深夜作業代などもついて、思いのほか高い請求がきてしまいまして。

銀行にも相談に行ったんですけれど、追加の融資は厳しいと言われ困ったなと。それで旧知の社長仲間に相談したら、こういう方法があるよと勧めてもらいました。

その日すぐにお金を用意してもらえましたか?

そうですね。申し込みをしたらすぐに連絡がきて、トントンと話が進みました。売掛先が長年の取引のある会社で、そこそこ大手の飲食チェーン店やったので信頼も高くて、審査もスムーズに通ったようでした。

活用していかがでしたか?

急に大きなお金が必要になり困っていたので、とても助かりました。ローンを組むわけでもないし、負債になる訳でもないし、でもすぐに現金を用意してもらえるしで、こういうやり方で資金調達できるんだなと、これはすごくいいなあと思いましたね。

 

即入金が可能なおすすめファクタリング会社のご案内

即日ファクタリングなら リソースプロ

【その日のうちに現金化】

リソースプロはその日の即での対応が可能なので、もう時間がないといった場合でも安心です。

【個人事業主でもOK】

一般的な会社は法人のみを対象としていますが、リソースプロは個人事業主でも対応が可能です。

【担保・保証人不要】

銀行の融資では必ず必要な担保や保証人も不要なので、スピード審査が可能です。

ファクタリング業界実績トップクラス 株式会社三共サービス

経験豊富なスタッフが真摯に相談に乗ってくれる
日本全国対応だから地域差なし
最短2日で用意
最大1億円の買取手数料1.5%~(業界最安値)

 

ある社長の悲しい結末...

悲しい社長

思わぬ不運が続き、急にキャッシュが必要になった。1週間、資金調達に奮闘したもののお金が集まらない。何度も銀行に頭を下げたけれど、ダメだった。

真面目で誠実で誰よりも社員思いで、よく働く立派な社長。

 

その社長がしんみりとこう言っていました。

「あいつ会社潰したんだぜ......」

そう陰口を叩かれるのが本当に辛い。

お金なんてどうにでもなる、長年取引している銀行がいるんだから何とかしてくれる。そう甘い考えを持っていた自分が情けない。

迷惑をかけた社員たちのことを思うと、本当に申し訳ない...

 

経営者思いの銀行ももちろんあります。

でも......

銀行だけに頼った資金調達はとても危険です

 

予想外の出費、取引先からの入金遅延、キャッシュ不足など、会社を経営していると思いがけない出来事がいつ降りかかるか分かりません。

そんな時に......

 

銀行に頼らない資金調達

 

借りない資金調達

 

そんな時に即日でファクタリングで資金調達ができる、この方法があることを知っているか知っていないか、そこが大きな分れ目となると言えます。

あなたの会社が憂き目に遭ってしまわないためにこのサイトが、お役に立てれば幸いです。

 

即日ファクタリングなら リソースプロ

【その日のうちに現金化】

リソースプロはその日の即での対応が可能なので、もう時間がないといった場合でも安心です。

【個人事業主でもOK】

一般的な会社は法人のみを対象としていますが、リソースプロは個人事業主でも対応が可能です。

【担保・保証人不要】

銀行の融資では必ず必要な担保や保証人も不要なので、スピード審査が可能です。

ファクタリング業界実績トップクラス 株式会社三共サービス

経験豊富なスタッフが真摯に相談に乗ってくれる
日本全国対応だから地域差なし
最短2日で用意
最大1億円の買取手数料1.5%~(業界最安値)

 

Copyright© ファクタリングを即日で , 2018 All Rights Reserved.